KDDI WiMAXは法人のみ?特徴や解約方法など関連情報をまとめました

その他

KDDI WiMAX

WiMAX(ワイマックス)はUQコミュニケーションズという会社が運営・管理している電波で、UQはインターネット接続サービスも提供しています。

そしてこの会社の親会社がKDDIで、系列会社のauもWiMAXを扱っています。

トップはKDDIですね。

で、KDDIはKDDIで自分のところでもWiMAXサービスを提供しているため、かなりややこしい状況だったりします。

同じWiMAXと言っても、いろいろな企業がさまざまな形でサービス提供しているわけです。

ただしKDDIのWiMAXは法人向けのもの。

対してUQとauは法人だけでなく個人がメインで、はほぼ同じ端末を提供していています。

そこでここでは「KDDI提供のWiMAX」に注目して、そのサービス内容を詳しく解説していきます。

【法人向け】KDDIのWiMAXってどんなサービス?

KDDIの法人向けWiMAXサービスの提供は2019年12月25日で終了しています。

法人でWiMAX契約を検討されているなら、auかUQWiMAX系列業者で申し込みましょう。

このとおり、KDDIのWiMAXサービスはすでに終了しています。

ですが、どういった内容だったのか知りたい人や解約したい人向けにまとめていきます。

 

KDDI WiMAXの料金プラン

選べるプランは1種類のみ

  • モバイルルータープラン(2年契約)・・・4292円/月(税別)
  • モバイルルータープラン(期限なし)・・・4462円/月(税別)

その他

  • ハイスピードプラスエリアモードの利用で1005円(該当月のみ)
  • データ無制限

モバイルルーターだけしか選べないようです。

ただ、法人向けにホームルーターを提供したとしても選ばれないでしょうね。

ホームルーターを契約するくらいならそれほど料金に違いがなく安定性の高い光回線を選ぶでしょう。

またデータ無制限プランですが、ほかのWiMAXと同じで「3日10GB制限」「ハイスピードプラスエリアモードの利用で月7GB制限」は適用されます。

法人向け限定で速度制限を緩和してくれる特別措置があれば魅力を感じますが、特別なサービスはないようです。

他社WiMAXプランと比較

auのWiMAX

auショップで契約するWiMAXにも「モバイルルータープラン」があります。

違いは「ホームルータープラン」もあること、個人向けをメインにしていることくらいですね。

料金は同じですし、縛り期間も一緒です。

UQのWiMAX

それに対して「UQ WiMAX」はUQ本家以外にも30社ほど代理店企業がいます。

それらの一部はUQと同じ料金体系ですが、ほとんどは独自のプランを提供しています。

数が多いだけに競争原理も働いていて、特典を付けるなどUQ本家より安く契約できるのが特徴となっています。

代理店も法人契約可能なので、コストを抑えるためにはKDDI・au・UQ本家より代理店を選んだほうがいいですね。

関連記事
WiMAXを法人契約できるプロバイダ比較

 

対応エリア

対応エリアはauやUQ WiMAXと同じです。

全国の人口カバー率99%以上

WiMAX2+回線とau 4G LTE回線の2つを使います。

au回線はスマホで使っている電波と同じで、WiMAX2+はそのままWiMAXの電波です。

そしてそれぞれの電波によって対応エリアも変わってきます。

au回線はauの基地局がカバーしているエリア内で、WiMAXもWiMAXの基地局がカバーしているエリア内となります。

この2つが快適に使えるエリアにいる状態なら、ハイスピードプラスエリアモードの利用がさらに快適になるでしょう。

 

端末ラインナップ

KDDIの公式ページで紹介されているデータ通信端末はこれだけありました↓

KDDI WiMAXの端末ラインナップ

ですが、左の「X01」「W07」は2020年発売モデルのため、受付終了後に発売されているもの。

というわけで一番右の「WX05」だけですね。

当時は別の機種もあったかもしれませんが、現状ではわかりませんでした。

WX05は個人的にもお気に入りモデルですが、別売の専用クレードル(台座)があるとさらに輝くモデル。

法人向けとしては外出の多い社員に渡すんだと思いますし、機能を活かせない使い方になってしまうでしょうね。

 

以上、いまは受付終了してしまったKDDI WiMAXの法人サービスを紹介してきました。

料金の項目でも触れたように、とくに割引や特典もなく割高です。

当サイトとしては解約してUQWiMAX系列の代理店で法人契約を請け負っているところに乗り換えれば経費削減を期待できます。

ここでスパッと解約しての乗り換えをおすすめします。

そこで解約方法についても調べてみました。

 

解約方法と問い合わせ先

KDDIホームページに解約方法については記載されていませんでした。

そのため法人窓口へ問い合わせて頂くことになります。

法人サービスの問い合わせ先はこちら
KDDI お問い合わせページ

 

法人契約におすすめのWiMAX業者

法人契約ならBroadWiMAX

当サイト管理人も契約中のBroadWiMAXをおすすめします。

ここは個人・法人関係なく月額割引特典が付いていますし、法人限定で選べる年払い契約をするとさらに安くなります。

法人限定「年払いギガ放題プラン」

契約月と1か月目の利用料が無料になるプランです。

これがあるため他社の法人プランよりお得に契約可能です。

3年縛りのため4年目以降はこの割引はないのですが、通常料金も月4400円ほどになるためKDDI WiMAXより安く使えます。

なおBroadWiMAX公式ページには「大口割引もあり」とありますが、これで割り引かれる初期費用18857円は他社にはない特殊な費用なので最初からないものとして扱いましょう。

事務手数料3000円は普通に必要です。

端末は最新モデル全機種から選択可能

ホームルーターも含め最新モデルがラインナップされているため選択肢も豊富です。

ただしKDDIやauのように法人限定モデルは扱っていません。

詳しくは公式サイトでご確認下さい
BroadWiMAX法人案内ページ

 

まとめ

KDDI WiMAX(法人向け)サービスについて解説しました。

すでに受付終了しているサービスのため、既存利用者以外は無意味かもしれませんが、法人契約となると10台、20台単位で申し込んでいることが多いと思います。

ざっくりですが税込月額4700円としても、10台契約中ならひと月あたり47000円、年間564000円です。

これをUQWiMAX系列の割引がある業者に乗り換えれば、だいたい4200円ほどになるため、5~6万円はコストダウンできるはずです。