L01をハイスピードプラスエリアモードで速度計測してみた

以前L01と同じメーカー製のWiMAXモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」のハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線も併用する接続方法)にて速度計測しました。

で、WiMAX2+回線だけのハイスピードモードの2倍ほど速い結果になりました。
(※ハイスピードは18.39Mbps/ハイスピードプラスエリアは38.6Mbpsに倍増)

関連記事
W03ハイスピードプラスエリアモードの実測値を計測

 

そこで、L01もハイスピードプラスエリアモードなら激速になるのでは?と期待しつつ速度計測してみました。

ここではその結果を公開していきます。

ハイスピードプラスエリアモードでL01を速度計測した結果

まずは測定条件の確認を。

計測時の測定条件

  • デスクトップパソコンにLANケーブルで有線接続
  • アンテナは2~4本たっている状態
  • WiMAX基地局(1か所)からの距離は直線で約1km
  • 端末はベランダ窓際に設置
  • 速度計測は次の4サイトを利用
    1.Broadband speedtest
    2.RBB SPEED TEST
    3.Radish
    4.Rapidnet

ハイスピードモードの測定結果はこちらの記事でまとめています。
L01の速度を計測(ハイスピードモード)

果たしてW03のように倍速なるのか?

休日の昼と夕方~夜にかけて計測してみました。

ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)での計測結果は次のとおりです。

 

L01の【下り/ダウンロード】速度

L01ダウンロード速度
4/15
測定時間
1
BroadBand
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
12:0035.0211.710.7113.417.71Mbps
13:0033.7229.19.613.121.38Mbps
14:0012.8620.614.4615.215.78Mbps
17:0017.2814.113.0117.115.37Mbps
18:0011.217.611.257.311.84Mbps
19:007.7810.413.181110.59Mbps
20:0053.9350.956.5721.645.75Mbps
21:0064.3150.159.3320.848.64Mbps
平均29.5125.5623.5114.9423.38Mbps

下り回線の平均速度は23.38Mbpsでした。

ハイスピードモードより遅い時間帯が多めですが平均では上回りました。

ただW03のときのような劇的な速度アップにはなりませんでした。

20~21時台だけ急激に速度アップしてるのは謎ですが、ハイスピードモードに切り替えて計測すると10~20Mbps程度だったので2倍以上速くはなっているらしい。

混雑する時間帯ほどau回線が効いてくる感じ?

データ通信量が激増するゴールデンタイムに速くなるのは魅力的です。

これなら使い道がありそうですね。

ただ、いつも50Mbpsくらいでてくれたらいいんですけどね・・・。

とりあえずハイスピードモードよりは快適に使えることはわかりました。

2017年6月からハイスピードプラスエリアモード利用がタダになる3年縛りプランも登場しているのでそれを選べば無駄な料金を支払わずに済みます。

あとは月7GB制限さえなければ完璧なんですけどね・・・。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GB制限があるので注意!

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB以上使うと速度制限対象になります。

で、多くの方はWiMAXの使い放題プラン「ギガ放題」を契約しているはず。

あるWiMAXプロバイダ情報では9割が選んでいるそうです。

そして使い放題プランを契約してるんだから、ハイスピードプラスエリアモードで7GB使ったらもどのハイスピードモードに切り替えればまた快適に使える、と思っていませんか?

ここに落とし穴があるんです。

なんとハイスピードモードの方まで速度制限されてしまうんです。

きっと「使い放題じゃないの?!」と驚かされるはず。

私もそこそこ長くWiMAXを使ってきましたが、この制限だけはなかなか緩和してくれようとしません。

もうこの点に関しては自己防衛するしかないんですよね。

そんなわけで、どうしても回線が重い場合などに短時間だけ一時的に使うくらいにしておき、普段はハイスピードモードのみで過ごしましょう。

それか最初から使わないのが一番安全です。

 

L01の【上り/アップロード】速度

4/15
測定時間
1
BroadBand
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
12:0011.653.49.5736.91Mbps
13:0010.2114.98.954.69.67Mbps
14:009.6714.712.754.311.61Mbps
17:0015.992.113.983.28.82Mbps
18:007.847.672.96.34Mbps
19:0011.645.713.154.98.85Mbps
20:0013.511.811.944.310.39Mbps
21:0014.8212.17.764.39.75Mbps
平均12.549.0410.643.949.04Mbps

上り回線の平均速度は9.04Mbpsでした。

このブログに100kBくらいの画像アップロードするのも一瞬なので十分速いんじゃないかと思います。

上りに関してはイマイチ体感速度がわからないんですが、スペック上の上限値はダウンロード速度の10分の1以下になってることがほとんどです。

ので、実測値で3分の1より速い数値なら十分すぎる結果と言えるでしょう。

 

速度計測してみた結果を振り返って

というわけで、L01をau 4G LTE回線併用のハイスピードプラスエリアモードにて速度計測してみました。

結果、WiMAX2+回線だけ使うハイスピードモードより快適に使えました。

やはりau回線のほうが、というか併用するほうが安定するんですね。

あくまで一時しのぎに使うくらいのモードですが、緊急時のことも考えるとハイスピードプラスエリアモードがタダで使える3年縛りプランを選んだほうがいいです。

無料になるプランについてはこちらの記事で触れてます。

関連記事
ハイスピードプラスエリアモードがタダで使える新プラン登場!

一部3年縛りプランがないWiMAXプロバイダもあるので、契約する業者選びは気を付けましょう。

 

まとめ

WiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」をハイスピードプラスエリアモードで使った時の実測値を調べてみました。

劇的に速くはなりませんでしたが、速度は上がったので良し!

ただこのモードは月7GBしか快適に使えないので時と場所を選びます。

使うときは気を付けてモード切替してくださいね。

そして使わないときはきっちりハイスピードモードへ戻すことを忘れずに!

これやらかすと月が替わるまで128kbpsに制限されてしまうので・・・。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【5G対応最新モデル】Galaxy 5G(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【5G対応最新モデル】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

【旧モデル4種はこちら】
WiMAXプロバイダ比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
私がBroadWiMAXを選んだ3つの理由