おうちWiFiのおすすめは?徹底比較!

おうちWiFi アイキャッチ画像サービス比較

おうちWiFi アイキャッチ画像

自宅で使うインターネット環境としておすすめの「おうちWiFi」。

ひとことに「おうちWiFi」といっても、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルが提供するWi-Fiサービスを利用するものや、通信事業者の提供するサービスなどさまざまです。

そしてグーグルで検索してみるとctyという事業者が提供するサービスに「おうちWiFi」というものがあります。

ただ、人によって求めているサービスが違うようなので、ここでは各キャリアの「おうちWiFi」と、cty社の「おうちWiFi」それぞれについて取り上げていきます。

求めているサービスに応じで参考にしていただければ幸いです。

おうちWiFiを契約するならどこがいい?徹底比較

まずはドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの「おうちWiFi」サービスを見ていきます。

”おうち”用のWi-Fiサービスはドコモとau、ソフトバンクから提供されています。

そしておすすめはホームルーター。

こちらはauとソフトバンクで契約可能です。

では各社のWiFiサービスを解説していきます↓

 

ドコモのおうちWiFi

ドコモロゴ

ドコモでは個人向けのホームルーターサービスがありません。

モバイルWiFiルーターか、スマホのテザリングを利用したWiFi環境となります。

法人は「おくダケWiFi」というホームルーターサービスが用意されていますが、個人は契約できません。

参考記事
ドコモおくダケWi-Fi 法人向けのWi-Fiサービスは個人契約できる?

そしてモバイルWiFiルーターはあくまでもスマホの補助的なサービスです。

通信速度は常に業界トップをひた走るドコモですが、契約形式に柔軟性がなく、スマホのデータ容量をシェアする形なのでおうち用のWiFiとしてはおすすめできません。

さらに端末代もかなり高額。

もしドコモユーザーだったとしても候補には入らないでしょう。

以下で紹介する別キャリアのおうちWiFiサービスから選ぶことをおすすめします。

 

auのおうちWiFi

auロゴ

auにはWiMAX(ワイマックス)回線を利用したホームルーターがあります。

一応au回線も使えるんですが、月間7GBまでとなっているため最初ならないものと考えておいたほうがいいです。

で、WiMAXの契約内容は次の2プランから選べます。

  • ギガ放題(データ無制限)
  • ライトプラン(月7GBまで)

ユーザーの約9割はギガ放題を選んでいるようです。

やはりおうち用WiFiとして使うなら、家族で使うパターンが多いでしょうし、動画視聴する機会も増えるはず。

月7GBなんて数日でオーバーしてしまうでしょう。

よって「ギガ放題プラン」をおすすめします。

料金はWiMAX事業者によって違ってきますが、キャッシュバック特典が強力でトップクラスに安いGMOとくとくBBを例に挙げると、ギガ放題3年契約の月額平均は税込3800円くらいですね。

今月のキャッシュバック額をチェック
GMOとくとくBB WiMAX公式はこちら

3日10GB制限に注意

ギガ放題プランはデータ無制限で使えます。

が、いつでも無制限ではありません。

3日10GBという速度制限があり、過去3日間で10GBを超えると翌日18~2時頃まで約1Mbpsに通信速度が制限されてしまいます。

これでは動画視聴も満足にできない(ユーチューブ低画質くらいならOK)ため、家族みんなで使うと簡単にオーバーしてしまうでしょう。

自分ひとりだけなら十分な容量ですが、家族みんなで使うおうち用WiFiとしては要注意です。

 

ソフトバンクのおうちWiFi

ソフトバンクにはAirターミナルというホームルーターがあります。

いまはAirターミナル4が出ていて、調査会社発表のWiFiルーター売上ランキングを見ると首位になっていることが多い人気モデルですね。

まぁ端末が人気と言うより、ソフトバンクショップでおすすめされてそのまま契約するパターンが多そうですが・・・。

参考記事
Airターミナル4の魅力を解説!

端末スペック的にはWiMAXの方が優れています。

ただし、ソフトバンクのおうちWiFiは多少速度制限がゆるめなのはメリットです。

ベストエフォート方式のため混雑する時間帯は低速になりますが、WiMAXの3日10GB制限のように明確に1Mbpsになるわけではありません。

通信環境は同じエリア内のユーザーの通信量が影響するため、身もふたもない言い方になりますが運しだいですね。

 

ワイモバイルのおうちWiFi

ワイモバイルにはホームルーターや自宅用WiFiサービスはありません。

モバイルWiFiルーターを使うことになります。

ここまではドコモと同じですが、ワイモバイルはモバイルWiFiルーター単独で契約可能です。

料金プランは

  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)・・・税別3696円

一択で、通常は月7GBまでです。

なお無制限で使うためには「アドバンスオプション」というものを付けます。
(トータルで税別4380円になる)

プラン内容的にはWiMAXとほぼ同じで、こちらも3日10GB制限あり。

ただし、ワイモバイルにはWiMAXほど提供事業者がないため、競争も生まれず料金は公式のままになることが多いです。

よっておすすめは料金も安くホームルーターも選べるWiMAXですね。

 

最後に正式に「おうちWiFi」という名称でサービス提供しているcty社のサービスも紹介しておきます。

cty社のおうちWiFiサービスってどうなの?

cty社のおうちWiFi

まずcty社は固定回線インターネットの事業者で、光回線サービスを提供しています。

そしてcty社のサービス内にある「おうちWiFi」とは無線LANルーターの無償レンタルのことです。

「おうちWiFi」単独でインターネット環境が手に入るわけではありません。

またcty社の「おうちWiFi」だけを契約することもできません。

光回線契約してWiFiルーターを借りる形ですね。

情報を確認したときはキャンペーンでレンタル料0円になっていました。

が、2020年のキャンペーン時点で提供されていましたし、2021年も同様です。

おそらくずっと0円なのでは?と思います。

ただしその他の割引キャンペーンなどは違ってくる可能性もあるため、cty社で光回線を契約するときはしっかりチェックしておいてくださいね。

詳細はcty社のホームページで
CTY-NET ONLINE公式サイト

 

まとめ

いろいろな「おうちWiFi」サービスについて比較しつつ紹介しました。

ネーミングそのもののサービスを提供しているcty社の「おうちWiFi」はレンタルの無線LANルーターのことでした。

固定回線の契約も必要なので、ブロードバンド回線に興味がある人はそちらをご検討ください。

それ以外のおうちで使えるWi-Fi環境が欲しい方は、WiMAXのホームルーターがおすすめです。