WiMAXが一番安いのはどこ?料金・価格を項目別に徹底比較!

ポケットWiFi・WiMAX 比較ランキング

  • スマートフォンで毎月速度制限される
  • たくさん動画を見たい
  • 固定回線なのに遅い
  • 一人暮らし始めるけど固定回線まではちょっと・・・

といったパターンに当てはまる人におすすめなのが、ワイヤレスで接続するインターネット回線サービスの1つ「WiMAX(ワイマックス)」。

WiMAXを使うために必要な料金は基本的に月4500円前後なんですが、契約する会社(プロバイダという)によって1000円以上安いこともあるんです。

ただWiMAXプロバイダの数は25社以上。全部調べていたら契約前に疲れてしまうでしょう。

でも適当に選んでしまうと2年後、3年後には数万円の差になってしまいます・・・。

 

そこで、WiMAX契約で一番安いプロバイダをピックアップ。

契約するときに必要な料金別に「一番安いのはどこなのか?」を比較して調べました。

WiMAXプロバイダ選びの参考にしていただければ幸いです。

WiMAXのいろいろな一番安い価格・料金を調査

WiMAX契約時に負担することになる料金別に”一番安い”を探してみました。

調査項目は次のとおりです。

  • WiMAX機種本体
  • 専用クレードル(充電台)
  • 初期費用
  • 月額料金
  • 解約違約金
  • 縛り期間の合計金額(通信量のみ)

ほとんどの人に影響あるモノ限定。

プロバイダごとに違うオプション料金など万人向けでない料金は除いています。

 

端末価格が一番安いプロバイダ

プロバイダW06L02WX05HOME01
UQWiMAX3800380038003800
@nifty
家電量販店系
1111
GMOとくとくBB
BroadWiMAX
So-net
BIGLOBE
DTI
カシモWiMAX
AsahiNet
J:COM
au
novas WiMAX
SIMCHANGE
smifi WiMAX
クラウドモバイル
など
0000

各プロバイダで契約可能な新しい機種のみピックアップしています。

ほとんどのWiMAXプロバイダは端末価格が0円か1円販売しているためどこで契約しても大差ありませんが、WiMAXサービス提供元がやっている「UQWiMAX」だけは高め。

ここは基本料金も高いので選ぶメリットはありません。

また、家電量販店がやっているプロバイダもUQとほぼ同じ料金体系で料金高めです。

料金が高いのはほぼ実店舗を持っているプロバイダ。

電気屋やauショップはもちろん、UQも「UQスポット」というお店があります。

建物代・土地代・働く人の人件費・水道光熱費などなど、さまざまなコストがかかってしまうため、あまり料金を安くできないんですね。

というわけで、一番安いのはネット申し込み限定のプロバイダから選ぶことになります。

 

クレードルが一番安いのは?

プロバイダ名WX06
(税別)
WX05
クレードル
W05
クレードル
WX04
クレードル
W04
クレードル
WX03
クレードル
UQWiMAX3619取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
GMOとくとくBB3618
※月額割引コースのみ
取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
BIGLOBE3619取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
GMOとくとくBB
月額割引
3619取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
DTI3686取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
So-net3619取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
カシモWiMAX3500取扱終了取扱終了取扱終了
BroadWiMAX3686取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
AsahiNet取扱終了取扱終了取扱終了取扱終了
家電量販店系
au
J:COM
3980不明不明不明不明
※サービス終了
@nifty
取扱終了取扱終了取扱終了販売終了取扱終了

WiMAXプロバイダとUQ公式のアクセサリーショップ、Amazonなどの料金も含めて比較しています。

定価はUQアクセサリーショップのものですが、ここで買うと送料500円ほどとられるので結局割高になります。

Amazonも基本割高ですね。

中古があれば多少安くなりますが・・・。

この中ではAsahiNetが0円でお得感あるものの、最新機種は扱っておらず利用料金も高め。

0円分の優位性はありません。

UQWiMAXも他社より安いんですが、ここは端末代が高いのでメリットなし。

そのほかのプロバイダは定価販売がほとんどです。

 

クレードルの役割とメリット

ちなみにクレードルは端末をセットするための充電台で、ケーブル接続できるようにする機器。

室内でほとんど使うことがない人にとっては必要ないものですが、使う場合はあるとメリットを感じられるでしょう。

有線で接続すれば、繫いだパソコンなどとの端末間における通信はWi-Fi接続より安定します。

また外とのやりとり(WiMAX電波)の受信を良くする拡張アンテナ搭載のクレードルなら、おおむね2割くらい感度アップします。

さらに感度アップによるアンテナ受信状況の改善で速度も多少アップします。

 

初期費用が一番安いのは?

どこも一緒で税込3300円です。

そんな中で、過去にnovasWiMAXは初期費用0円キャンペーンをやってました(W04限定)。

このように期間限定キャンペーンとして初期費用0円をやるプロバイダさんもたまにいます。

また「初期費用0円」を謳っているプロバイダも見かけますが、あくまで初期費用が掛からないだけで事務手数料はかかったりします。

騙されないように!

 

初期費用0円がいい人はレンタルもあり

WiMAXルーターをレンタル提供しているサービスなら初期費用かからず縛り期間もなしで使えます。

個人OKの民泊用WiMAXレンタル
SPACE Wi-Fiについて

 

月額料金が一番安いのは?

WiMAXプロバイダによって

  • 0ヶ月目(契約月)
  • 1~2ヶ月目
  • 3~24ヶ月目
  • 25ヶ月目(3年目)~

など期間ごとに違う料金設定となっています。

が、大きく初期3ヶ月間はお試し期間として特別安くなっているだけのため除外。

3~24ヶ月目までと3年目からの料金で一番安いプロバイダを比較していきます。
(※ギガ放題プランの料金)

初期2年の無制限プラン基本月額料金(税込)

  1. 3678円 GMOとくとくBB(月額割引コース)
  2. 3753円 BroadWiMAX
  3. 3971円 カシモWiMAX
  4. 4136円 DTI

極端な開きはないものの、縛り期間の積み重ねで大きな差になってきます。

3年目の基本月額料金(税込)

  1. 3971円 カシモWiMAX
  2. 4136円 DTI
  3. 4413円 BroadWiMAX
  4. 4688円 GMOとくとくBB(月額割引コース)

3年目はカシモWiMAXが安いです。

トータルではGMOとくとくBBが安くなります。

このように全期間で最安料金のプロバイダはないので、料金で選ぶときは縛り期間の合計料金で選ぶのがベストです。

 

ついでに初期3ヶ月間の比較結果もまとめてみました。

0ヶ月目(契約月)の料金
  • カシモWiMAX
  • BIGLOBE
  • DTI
  • AsahiNet
  • novasWiMAX
  • J:COM

これらのプロバイダは0ヶ月目が無料になるキャンペーンを展開しています。

So-netも初月0円ですが、会費(200円ほど)があるので除外。

その他プロバイダは日割り分のみ請求、基本料満額請求の2パターンあり。

1~2ヶ月目の料金
  • AsahiNet
  • novas WiMAX

上の2社はこの期間も0円になるキャンペーンを実施しています。

次に安いのはカシモWiMAXです。

 

解約違約金が一番安いのは?

ほとんどのプロバイダの解約違約金は税込みで

  • ~1年未満 20900円
  • ~2年未満 15400円
  • 更新月 0円
  • 3年目~ 10450円

となっています。

ただGMOとくとくBBは1年目・2年目に解約すると27280円、BroadWiMAXは「月額最安プラン」の解約で上記料金プラス10450円かかります。

この項目も初期費用と同じく、レンタルサービスなら必要ないお金ですね。

 

違約金負担キャンペーン

乗り換えで違約金負担してくれるBroadWiMAXみたいなプロバイダもあり、ここは料金も安くてサポートもいいので私も使っています。

詳しい内容についてはこちらの記事で
WiMAX乗り換えで解約違約金負担ありのプロバイダ

 

縛り期間の合計料金が一番安いのは?

特典に積極的なプロバイダの中でも特に安い会社をピックアップし、ギガ放題プランの料金で比較しました。

WiMAXのメリットは使い放題プランが選べることにあるので・・・。

ただライトプラン(月7GBまで)希望の人にとっても順位に違いはほぼないので参考になるはずです。

計算条件について

基本プランは2年縛り、3年縛りの2パターン。一部縛り期間4年プランを用意しているプロバイダもありますが、ニッチすぎるので省きます。

合計料金は契約月の日割り分のみ含まれていません。

2年縛りプランのランキング

順位プロバイダ総額
(税込)
月額平均
(税込)
特典端末代
(税込)
BIGLOBE1124924687キャッシュバック
17000円
21120
novas WiMAX1174284893なし0
UQWiMAX1222325093なし16500
受付終了GMOとくとくBB
キャッシュバック
キャッシュバック0
受付終了カシモWiMAX月額割引0
受付終了GMOとくとくBB月額割引0
受付終了DTI初期2ヶ月割引
月額割引
0
受付終了hi-ho WiMAX月額割引0
受付終了nifty WiMAX月額割引0

圧倒的に安かったGMOとくとくBBが2年プランの受付を終了してしまいました。

のでかなり差がありますが、それ以外から選ぶことになります。

キャッシュバックは受け取り手続きがある分少し手間がかかりますが、提供しているのはUQWiMAXとBIGLOBE。

どちらも最新モデルをすべて選べます。

この2社ならBIGLOBEがキャッシュバック額も多く、縛り期間が1年なのも強みです。

公式サイトはこちら
BIGLOBE WiMAX 2+

1位のnovasWiMAXはWX05(モバイルルーター型)しか選べないのが弱点。

この機種でよければnovasで、それ以外ならUQにしましょう。

 

3年縛りプランのランキング

順位プロバイ ダ
(扱う端末)
3年総額
(税込)
月額平均
(税込)
特典端末代
(税込)
GMOとくとくBB
WX06/W06
1401703894月額割引
キャッシュバック
6000
0
GMOとくとくBB
WX06/W06
1411303920キャッシュバック
29500
0
BroadWiMAX
WX06/W06/HOME02
1448204023月額割引0
DTI WiMAX
WX06/HOME02
1467734077月額割引
初期2ヶ月無料
0
AsahiNet
WX06のみ
161095447511ヶ月割引0
So-net
WX06のみ
1633084536月額割引0
BIGLOBE
WX06/W06/L02/HOME02
1650284584キャッシュバック
17000
21120
※旧モデル販売終了
UQ WiMAX
なし16500

こちらもキャッシュバック金額の大きいプロバイダが上位独占。

となると一番順位が上のプロバイダがベストです。

どちらのプランにも言えますが、特典はキャッシュバックか月額割引の2種。

キャッシュバックは受け取りの手間がある分割引額は大きくなり、月額割引は手間がかからない分割高です。

また、ここで比較している料金は、そのプロバイダで一番安い機種を選んでいます。

機種によって特典内容が違うプロバイダが増えてきているので、必ず希望プロバイダの公式サイトでご確認下さい。

中には一番需要のある最新機種を扱っていないこともありますので。

最安プロバイダの公式サイトはこちら

月額割引コース
GMOとくとくBB 月額割引コース

キャッシュバックコース
GMOとくとくBB 現金バックコース

 

まとめ

WiMAXの利用料金が一番安いプロバイダを比較しました。

プロバイダごとに強み・弱みがあり、力を入れているポイントが違っていますが、月額、端末代、初期費用など込み込みで一番安いのは「GMOとくとくBB」であることがほとんどです。

ここは評判悪い部分も目立ちますが、WiMAXの繋がりやすさ、対応エリアはどこを選んでも同じなので、安さを気にする人はここを選ぶのが一番です。